うりずんの豆腐よう

うりずんの豆腐よう

沖縄名物「和製チーズ」でまったり大人の晩酌を

 平家の落ち武者が逃げ込んだとされる九州山地地方には、彼らが保存食に造り出したとされる豆腐の味噌漬けがある。まるで濃厚なチーズのような味わいだ。豆腐が酵母発酵することで得られる味だが、沖縄名物の「豆腐よう」も同じ原理。しかし、こちらは米麹、紅麹、そしてアルコール度数40度以上の泡盛が漬け込み材だ。豆腐も固い島豆腐。半年ほど漬け込んだものが旨いとされる。

 米麹も紅麹もあらかじめ泡盛を含んでおり、封を開けた時は独特の香りが立つ。食べやすいよう、サイコロ状に切り分けられた豆腐ようは溶けた紅麹が絡まり、ちょっとエキゾチックな佇まいすらある。これをさらに爪楊枝などで切り、口に含む。すると、ねっとりとした食感、泡盛の香りとアルコール感、そしてチーズのような、まったり濃厚な味がドドーンと広がるのである。

 豆腐ようをマヨネーズなどと一緒に和えるとコクが増す。チーズ味がダメ、アルコールは匂いだけでもダメという人も、これはちょっと試してほしい。酒が好きであれば、無論そのままでまったりと召し上がれ。

 
道の駅許田

沖縄県名護市許田17-1
☎ 0980-54-0880
営業時間:8:30~19:00
休館日: 無休
最寄りIC:沖縄自動車道許田ICから5分
http://www.yanbaru-b.co.jp/

関連記事

  1. ケーキ

    グルメ/沖縄県

  2. ケーキ

    ケーキ

  3. 島とうがらしドレッシング

    島とうがらしドレッシング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。