道の駅歓遊舎ひこさん

歓遊舎ひこさん

駅の自家製豆腐は絶品
霊峰英彦山の地下水がお土産?

 

 2017年7月の北部九州豪雨でJR日田彦山線が被災するまでは、JR駅と直結する全国でも珍しい道の駅だった。駅の外観にある音符は昭和歌謡のヒットメーカー、星野哲朗作詞・船村徹作曲の「山に抱かれて」の一部だとか。霊峰英彦山の麓にあるからだろう。物産館入り口脇にはその地下水を汲む水くみ場があり、千円以上の買い物をすれば無料の水くみ券2ℓ分がもらえる。自慢はやはりその清水で作る駅オリジナルの豆腐各種。清流栽培の米、野菜も無論うまい。

 
豆腐各種

駅自慢の品はコレ 豆腐各種

 原料の大豆は国産の「ふくゆたか」のみを使い、駅直営の工場で木綿・絹の豆腐、豆乳、揚げ豆腐、厚揚げなどを製造している。滑らかな口溶けの寄せ豆腐を始め、昔ながらの硬めの木綿豆腐、コクのある豆乳などが親しまれている。

英彦山サイダー

買うならコレ 英彦山サイダー

 これも地下水を利用したご当地品。40年前に作られた「英彦山サイダー」を復活させた。プレーンの「英彦山サイダー」と地元産ゆずを使用した「英彦山サイダーゆず」があり、どちらも飲み心地はさっぱり爽やか。ラベルは40年前に作られたその復刻版だ。

おやじシュー

コレも買おう 頑固おやじシュー

 地元老舗菓子店が作る「おやじシュー」は、「男は黙っておやじシュー」など50種以上はあるという「親父名言」の帯封が楽しい。全て店主の奥さんの手書きだ。商品名も「頑固おやじシュー」だったり「おやじシュー」だったり、アバウトなのもいい!1個180円

奉幣殿

周辺で楽しむなら 英彦山神宮

  山形県の羽黒山、奈良県の熊野大峰山(おおみねさん)と並ぶ「日本三大霊峰」の英彦山にある。奉幣殿に向かう石段の参道脇には、かつて修験者が暮らした坊舎跡が点在し、最盛期には800を数えたという。参道を登るのが辛ければ銅の鳥居近くの「幸駅」から運行しているスロープカーの利用を。

道の駅歓遊舎ひこさん

福岡県田川郡添田町野田1113-1
☎ 0947-47-7039
営業時間 9:00~18:00
     お食事処ふかくら庵 11:00~17:00
     パン工房麦の里 9:00~17:00※第3水曜日定休
     もち工房 平日・土9:00~14:00
          木曜日9:00~12:00
          日祝日9:00~17:00
休館日: 12月31日~1月1日、2月第1木・金曜日
アクセス 八木山バイパス穂波東ICまたは大分自動車道杷木ICより40分
http://www.kanyuusya.com/

道の駅歓遊舎ひこさんMAP

関連記事

  1. 道の駅くるめ

    道の駅くるめ

  2. 道の駅しんよしとみ

    道の駅しんよしとみ

  3. 豊前おこしかけ

    道の駅豊前おこしかけ

  4. 道の駅おおとう桜街道

  5. 道の駅むなかた

    道の駅むなかた

  6. 道の駅たちばな

  7. 道の駅原鶴

    道の駅原鶴

  8. 道の駅いとだ

    道の駅いとだ

  9. 道の駅香春

    道の駅香春