道の駅そよ風パーク

九州の「へそ」の滞在型道の駅
広大な敷地で思い切りリフレッシュ!

 

 阿蘇南外輪山を北に、九州山脈の脊梁を南に望み、標高600mの「九州のへそ」と呼ばれる地にある。晴天時は阿蘇五岳(熊本)、九重連山(大分)、祖母山(宮崎)がパノラマで見渡せる。その面積は何と東京ドーム4個分の16ha、九州一広い道の駅だ。広大な敷地に物産館、レストラン、大浴場付きホテル、コテージ、グランドゴルフ場、芝生広場などを併設。2020年5月にいったん休業し、同年10月から物産館が再開した。そして2021年3月にレストランが、5月末にはホテルもそれぞれリニューアルオープン。コテージも2棟は愛犬が室内に泊まれるタイプに衣替えしている。

 

地元断トツ産物 ブルーベリー

 道の駅がある旧蘇陽町は35年ほど前からブルーベリー栽培を始め、九州で有数の生産量を誇る。地区で栽培しているのは「ラビットアイ」「ハイブッシュ」。6月下旬から8月にかけて町内の観光農園でブルーベリー狩り体験が楽しめる。当然、駅も設立当初からブルーベリーがキーワードだ。ブルーベリー農園を持ち、「そよ風物産館」にはブルーベリー商品が所狭しに並ぶ。中でも、駅の直営農園で手摘みして作るソフトクリームをはじめ、ジャム、マドレーヌ、シロップのオリジナル商品がお勧めだ。加工品なら一年中ブルーベリーの味が楽しめる。さて、夏が旬の甘酸っぱいブルーベリーは、若返りのビタミンEが豊富。女性が好むのも道理かも?

食事ならココ レストランマアム

 おふくろの味バイキングで人気だった「レストランマアム」もリニューアルして営業再開。従来通り地元農家の「かあちゃんシェフ」が自ら野菜を持ち込み、約20種の家庭料理を作る。その日に収穫した野菜をカラリと揚げた天ぷらや、じっくり煮込んだ煮しめなど、家庭の温もりを感じる味ばかり。心もポカポカになれるだご汁も人気の一品だ。若い世代には鶏のから揚げもぬかりなく用意する。野菜豊富な田舎の家庭料理は体にも優しい。大人1500円、子ども(4歳~小学生)800円、3歳以下無料。いずれも税込み・ドリンクバー付き。

コレも自慢 ホテル・コテージ・山荘

 宿泊施設は3タイプ。ホテルウィンディには洋室と和室があり、洋室はバス付き、シャワー付き、バス・シャワー無しの3タイプ。和室は風呂がないが、阿蘇五岳からくじゅう連山までを一望できる。ホテル内には大浴場もあり、どの部屋タイプに泊まっても無料で利用が可能。なみなみとあふれる湯にはメタケイ酸が豊富に含まれており、美肌効果も期待できる。そして、和の趣を求めたい人は田舎山荘へ。ここは土間から続く板の間に囲炉裏が切ってあり、実際に使うことができる。鍋や田楽に舌鼓を打ちながら囲炉裏を囲む。現代ではめったにできない貴重な体験だ。(各宿泊施設は2021年8月中に営業再開予定)

周辺で楽しむなら 蘇陽峡

 高さ約200mの断崖絶壁が何と10kmにもわたって続く渓谷。日本では珍しいU字型渓谷でもある。「九州のグランドキャニオン」とも呼ばれ、新緑や紅葉など四季折々の渓谷美が楽しめる。遊歩道がありトレッキングで周れるほか、カヌーが体験できる。遊歩道のU字型の折り返し点近くにある「長崎鼻展望台」は蘇陽峡でも一番の景勝地。阿蘇外輪山と九州山地を望み、不快渓谷が眼下に広がる。

道の駅そよ風パーク

熊本県上益城郡山都町今297
0967-83-0880
営業時間  9:00~17:00
休館日  毎週水曜日(7月21日~8月25日は無休)
アクセス 九州中央自動車道山都中島西ICから45分
https://soyokaze-park.jp/

道の駅そよ風パークMAP

関連記事

  1. 道の駅たのうら

  2. 道の駅清和文楽邑

  3. 道の駅上天草さんぱーる

  4. 道の駅通潤橋

  5. 道の駅大津

  6. 道の駅鹿北

  7. 道の駅錦

  8. 道の駅有明

  9. 道の駅美里「佐俣の湯」