道の駅くにみ

タコのオブジェがお出迎え
国東の海の恵みをたっぷりと

 

 国東半島の北端の海辺に位置し、権現崎キャンプ場、くにみ海浜公園の入り口にある。極太足の「くにさき姫だこ」、対岸に見える姫島で養殖される車エビやひじき、太刀魚など海の幸が名物。また温州みかんや椎茸などの農産物もそろう。加工品では「くにさき姫だこ」を使った「たこめしの素」は、あまりの人気ぶりに生産が追いつかないほど。漁師一家が家族総出で手づくりしており、温もりの伝わる一品だ。レストランでもタコ飯、車エビ天丼などが味わえる。

 

地元断トツ産物 くにさき姫だこ

 伊予灘に面する国東半島東沖は潮流が激しい。その潮流にもまれて育つ真蛸は当然実が締まり、しかも足が太くて短いのが特徴。たこつぼ漁で年間500トン以上の漁獲高を誇る。地元では「くにさき姫だこ」と名づけている。足が太く短足だが、味はすこぶる良い。ぷっくりと弾力があり、噛めば噛むほど味が出るのだ。国東半島では郷土料理としてタコ飯をこよなく愛するという。タコの足は八本。「八」の末広がりは縁起が良いとされてもいる。

地元断トツ産物 姫島車エビ

 沖合に浮かぶ小さな姫島では、1965年(昭和40年)から島の基幹産業として車エビの養殖を始めた。生育環境を徹底的に整え、飼料にもこだわり、試行錯誤を繰り返した結果、国内でもトップクラスの規模と生産量を誇る。今では毎年10月に島で「姫島車えび祭り」を開くほど。

周辺で楽しむなら 旧千燈寺跡仁王像

 千燈寺は仁聞(仁聞菩薩)が、718年に六郷満山の中で最初に創建した寺院と言われる。山号は補陀落山(ふだらくさん)。仁聞入寂の地とも伝えられている。かつては六郷満山の中山本寺として栄え、「西の高野山」とも称された。しかし、天保年間に大友宗麟によって焼き討ちされ、大規模な伽藍は焼失。文禄年間に再建されたが往時の?栄を取り戻せなかったという。現在ある千燈寺は昭和初期に山麓に移転したもの。旧千燈寺跡の護摩堂跡に一対の仁王像が立つ。仁王像は一枚岩に半肉彫りにされた珍しいものである。また、奥の院には千手観世音菩薩が安置されている。
http://visit-kunisaki.com/spot/%E6%97%A7%E5%8D%83%E7%87%88%E5%AF%BA%E8%B7%A1/

道の駅 くにみ

大分県国東市国見町伊美4252-1
☎ 0978-89-7117 ☎ 0978-89-7055(レストラン直通)
営業時間 9:00〜17:00
     レストラン11:00〜14:30(LO14:00)
定休日 1月1日・1月2日
アクセス 東九州自動車道宇佐ICより50分 

道の駅くにみMAP

関連記事

  1. 道の駅童話の里くす

  2. 道の駅竹田

  3. 道の駅ながゆ温泉

  4. 道の駅やよい

  5. 道の駅鯛生金山

  6. 道の駅みえ

  7. 道の駅かまえ

  8. 道の駅くにさき

  9. 道の駅のつはる