道の駅波野

道の駅波野

清涼な高原がもたらす
そばの香りと旨みを満喫

 

熊本県と大分県の県境近く、国道57号沿いにある『道の駅波野』。櫓にかかった「神楽苑」と書かれた大きな提灯が目印だ。高原の冷涼な環境で栽培される波野そばが特産品であり、敷地内に製粉所と製麺工場を持つ。そのため物産館で販売するそばはもちろん工場直送。レストランでは挽きたて、打ちたてのそばが味わえる。2名から受け付ける手打ち体験所(要予約)もあるのでそば打ち体験をしよう。でき上がったそばはレストランで味わえる。(要別途料金)

 
波野そば

食べるならコレ 波野そば

波野はそばの産地として知られる。阿蘇特有の寒暖の差が激しい気候が、美味しい波野そばを育む。また、水はけの良い火山灰の畑で栽培されるため、水気を嫌うそばにとっては最適な栽培場所だ。波野産の挽き立て打ち立てそばを「そば処・岩戸開」で味わえる。新そばが出る11月あたりは特にねらい目だ。ざるそばは750円(税別)、天ざる1200円(税別)など。土産の乾麺もお忘れなく。

キャベツでつくったドレッシング

買うならコレ キャベツでつくったドレッシング

実は波野は九州でも指折りのキャベツの産地でもある。波野の高冷地キャベツは「甘キャベツ」と呼ばれるほど甘みが際立つ。そんなキャベツをたっぷりすりおろして作っただけに、キャベツにはもちろん、どんな野菜にも合う評判のロングセラー商品。カルパッチョソースにも良い。540円(税込み)

中江岩戸神楽

コレも自慢 神楽

阿蘇市波野は中江・横堀の2つの集落で神楽が受け継がれている。神楽と波野そばを同時に楽しめるイベントとしてお馴染みなのが、毎年10月第1土日曜日に開催される「神楽フェスティバル」。大分県、、島根県の団体がそれぞれの特色ある神楽を披露する。また中江集落の「中江岩戸神楽」は約250年の歴史を持ち、国の選択無形民俗文化財指定。「神楽フェスティバル」参加を除く4月から11月の第1日曜日に、専用の屋外神楽殿で定期公演を行う。観覧は無料だ。

道の駅波野

熊本県阿蘇市波野小地野1602
0967-24-2331
営業時間 8:00〜18:00
レストラン 10:30〜16:00(15:30LO)
定休日 第2水曜日(5月・8月は無休)
アクセス 九州自動車道熊本ICより70分
道の駅波野

道の駅波野MAP

道の駅波野周辺マップ

関連記事

  1. 道の駅竜北

    道の駅竜北

  2. 道の駅天草市イルカセンター

    道の駅天草市イルカセンター

  3. 道の駅うき

    道の駅うき

  4. 道の駅東陽

    道の駅東陽

  5. 道の駅人吉

    道の駅人吉

  6. 道の駅たのうら

    道の駅たのうら

  7. 道の駅旭志

    道の駅旭志

  8. 道の駅きくすい

    道の駅きくすい

  9. 道の駅芦北でこぽん

    道の駅芦北でこぽん