道の駅松浦海のふるさと館

道の駅は今日も大漁マーク
品揃えの豊富さで豊年満作

 

 「大漁県」長崎県においても、道の駅がある松浦市はアジ・サバの漁獲高、養殖トラフグ、養殖クロマグロの生産量が全国有数だ。当然、館内は新鮮な海の幸や水産加工品が所狭しと並ぶ。トロ箱市やマグロ解体ショーなどの鮮魚イベントは毎回大盛況だ。さらに県内の銘品・逸品から道の駅オリジナル商品までそろえ、その充実ぶりは「道の駅のドン・キホーテ」と呼ばれるほど。また、駅長がキャンピングカーファンだけに、キャンピングカーや車両の車中泊をサポート。もちろんマナーは厳守で。

 

地元断トツ産物 旬(とき)さば

 「旬さば」とは、10月から2月にかけて五島海域から対馬海峡で獲れる寒さばのこと。その中でも400g以上のものを指し、脂が程良くのっていながら身が締まった秋冬の時期にしか食べられない。刺身、塩焼き、鍋などでその美味さが味わえる。脳を活性化させるDHA、コレステロールや中性脂肪を抑えるEPAが豊富でもある。道の駅では冷凍食品が買える。

買うならコレ 玉ねぎカレー

 道の駅のオリジナル商品。直営農場で育てた玉ねぎをたっぷり使い、サラリとしたルーに仕上げている。香辛料の香りが立ち上がりながら、味は辛さや刺激を追うのではなく、むしろマイルドでややフルーティな味。「毎日食べても飽きないカレー」を目指したという。駅の軽食コーナーでは季節野菜のトッピングを添えて500円で提供。1袋380円、3袋で1000円。

食べるならコレ ブリ丼

 駅の軽食コーナーで長年愛されているのがブリ丼。しかも汁物、香の物、フルーツ付きの定食でなんと500円、大ぶり丼なら600円という驚きの料金だ。平日限定メニューだが、土日祝日はテイクアウト弁当として400円で販売。もちろん軽食コーナーに持ち込みOKだ。

周辺で楽しむなら 不老山のつつじ

 不老山は日本各地に残る徐福伝説の舞台の一つ。標高は288メートルと小高い山で、山頂からは伊万里湾の青い海や周辺の緑の山並みが見渡せる。不老山総合公園には約11マン本のつつじが植えられ、4月中旬から5月上旬にかけて山肌をピンクや赤に染める。

道の駅松浦海のふるさと館

長崎県松浦市志佐町庄野免226-30
0956-72-2278 フリーダイヤル 0120-062-004
営業時間 7:00〜19:00※12/31は〜17時、1/1は〜12時
定休日 年中無休※12月31日は〜17:00まで1月1日は8:30〜12:00までの営業)
アクセス 長崎自動車道佐世保三川内ICより約60分
http://umihuru.com/

道の駅松浦海のふるさと館MAP

関連記事

  1. 道の駅長崎街道鈴田峠

  2. 道の駅夕陽が丘そとめ

  3. 道の駅遣唐使ふるさと館

  4. 道の駅生月大橋

    道の駅生月大橋

  5. 道の駅昆虫の里たびら

  6. 道の駅鷹ら島

  7. 道の駅さいかい

  8. 道の駅みずなし本陣ふかえ

  9. 道の駅させぼっくす99