芸妓さんなりきり体験

旅先でいつもとは違う体験をしてみたい。
大人も面白いことにチャレンジしよう。
女子旅なら芸妓体験はいかが?

平成ガールがあでやか芸妓に大変身!

 武雄温泉と言えば、辰野金吾が設計した竜宮城のような楼門、江戸時代からある浴槽「殿様湯」「家老湯」などが思い浮かぶ。温泉としては千年以上の歴史があり、江戸時代は宿場町として発展した。さらに近くに炭鉱があったことから、昭和30年代までは炭鉱員たちでも賑わったという。そのため、数多くの芸妓置屋があり、あでやかな芸者衆が温泉街を闊歩した。しかし、現在は置屋が1軒、芸者もわずか5、6人だという。
 そんな武雄温泉では現役芸者の岩本カズ子さんらがメイク、着付けをしてくれる「芸妓さん なりきり体験」がある。外国人にも人気で「ひげ面のドイツ人男性が芸妓になったこともありましたよ」と岩本さんが笑う。今回チャレンジしたのは佐賀市在住の千綿京香さんと室中佑佳子さん。二人とも20歳の平成ガールだ。早速、岩本さんが営む武雄唯一の置屋「富士席」で白塗りメイク開始!現在は舞台用ドーランをおしろいにするのだとか。襟足までたっぷり塗り、目元、口元に紅をさしていく。化粧が整えば、着付け。さらにかつらを合わせて完成!

 
襟足、うなじ、背中の一部など、着物から出る肌は白く塗る
かつらを被せて調整し、これで準備完了!
まぶたと眉に薄く紅を引き、赤いアイライン、口紅で芸妓の顔に近づいていく
武雄温泉新館2階にて。しっとりおしとやかな姿に変身
 

 芸妓姿になったお互いを見て「まじっすか」「似合っとうかいな」と笑ったり、照れたり。変身後は武雄温泉街を芸妓になりきって散歩するのがこの体験のコースだ。しとやかに歩くはずが、二人とも普段のままにはしゃいで、平成芸妓はやはり元気満々。楼門前で記念撮影し、やはり辰野金吾が設計した武雄温泉新館を見学する。
 新館1階には「男五銭湯」や「女五銭湯」など、当時の浴室が残されている。2階は広間があり、恐らく宴会なども催されたのだろう。芸者衆が芸を披露したかもしれない。二人もなりきり気分で三つ指ついて…「三つ指ってどうするの?」。それでもご覧の通り、芸妓さんらしいポーズに。時間と共におしとやかな表情も見せ、芸妓さん気分の休日となった。武雄温泉で芸妓さん、なりませんか?

 
武雄温泉新館は資料館として無料公開されている
領主専用だった殿様湯は総大理石。1室1時間3,800円で利用できる
 

芸妓さんなりきり体験

武雄市武雄町富岡7751-28
問合せ 富士席(岩本)
0954-22-4039
料金 10,000円(メイク等含む3時間)
受入れ人数 1~3名※体験当日の3日前までに要予約
アクセス 長崎自動車道武雄北方ICから約10分

武雄温泉

武雄市武雄町武雄7425
0954-23-2001
営業時間 殿様湯16:00~21:00(20:00受付終了)
     ※土日祝日11:00~22:00(21:00受付終了)
     武雄温泉新館10:00~18:00
定休日 武雄温泉新館のみ火曜日
アクセス 長崎自動車道武雄北方ICから約10分