道の駅かまえ

ブリの旨さにこだわりつくし、
美味なる海鮮料理でおもてなし

 

 佐伯市は大分県内の水産業の7割を占めるほど、水産業が盛んな町。道の駅かまえは「ブリ研究所」の名前の通り、直売所もレストランもブリづくし。蒲江のブランドぶり「美人鰤」をはじめ、「かぼすブリ」「豊の活ぶり」といった蒲江で育ったブリの美味しさを発信し続けている。さらに独自のブリ商品の開発も活発だ。ブリ以外にもヒオウギ貝や地魚など、すり身揚げなど多彩な海の幸が揃っている。レストランでも当然、新鮮なブリの料理、海鮮料理が味わえる。

 

地元断トツ産物 ブリ

 佐伯市で水揚げされる魚種は350種以上とされ、中でもブリ、ヒラメ、マグロの養殖業が盛んだ。駅が誇る養殖ブリ「美人鰤」は日本酒の酒粕を飼料にしている。その日本酒の名前が「東洋美人」だとか。この酒粕によってうま味が増し、脂乗りも上品だという。また、大分県特産品のかぼす入り飼料で育てた「かぼすブリ」はブリ独特の匂いがなく、刺身でも食べやすい。そして「豊の活ブリ」は身が締まり、脂乗りが良い。

チームふらっと

買うならコレ ブリのアラ煮

 蒲江の漁師達による「蒲江直送活き粋船団」が製造販売。魚を丸ごと、骨まで食べてほしいという「骨まで愛してシリーズ」の「頑固漁師の煮付け料理」は、ブリのあら煮の太い骨まで難なく食べられる。いや、骨までおいしい。魚のコラーゲン、カルシウムもたっぷりだ。このあら煮、白飯に残った煮汁をかけて食べてほしい。ショウガ醤油の煮汁がご飯に染みて絶品だ!思わずウハウハとかき込みたくなる。540円(税込)

周辺で楽しむなら 深島

 魚が豊富な離島には猫が多い。この「深島」も然り。蒲江港から8キロの沖合に浮かび、サンゴ礁の海と約100匹の猫が出迎える。住民はわずかに20人ほど。当然、コンビニなどはない。その代わり、島のおばあさんたちが作る「白みそ」が自慢。予約が必要だが島カフェの「深島食堂」で、白みそを使ったおばあちゃんたちの気まぐれ料理が味わえる。また、シュノーケリングなどのマリンアクティビティや猫ツアーも楽しめる。定期船は1日3便。
問:でぃーぷまりん 080-5289-2280(安部)

道の駅かまえ

大分県佐伯市蒲江大字蒲江浦5104-1
0972-42-0050
営業時間 9:00〜18:00(12月〜3月は〜17:00)
     レストラン11:00〜15:00(LO 14:30)
定休日 12月31日・1月1日
アクセス 東九州自動車道蒲江ICより5分
https://buri.fish/

道の駅かまえMAP

関連記事

  1. 道の駅水辺の郷おおやま

  2. 道の駅あさじ

  3. 道の駅くにさき

  4. 道の駅せせらぎ郷かみつえ

  5. 道の駅みえ

  6. 道の駅慈恩の滝くす

  7. 道の駅ゆふいん

  8. 道の駅宇目

  9. 道の駅童話の里くす